美瑛小麦について

1971年に写真家の故 前田真三氏が美瑛を訪れ、
その6年後に代表作「麦秋鮮烈」を発表されました。

それ以来「丘のまち びえい」として、
この美しい景観は、本当に多くの人を魅了してきました。

「パッチワーク」に例えられる風景と農業は、
実は密接に関係しています。

北海道の農業では、馬鈴薯・豆・ビート・小麦の4つの作物を、毎年同じ畑では作りません。
これを四輪作といって、畑の健康と良い生育を保つために必要な取り組みです。
毎年同じ畑に同じ作物を植えないということは、
「パッチワーク」の絵柄が毎年変わるということ。
2度と同じ風景はない。と言っても過言ではありません。

そして、その風景を見るために観光のお客様がいらっしゃる。
風景の礎となっている農業から生まれた美味しさを、味わっていただく。

農産物の価値を高めていくことは、美瑛農業を守ることにつながり、
そしてそれは、風景を守ることになります。

このように美瑛小麦は、
わたしたちにとって大切な存在です。

品種・特長

秋蒔き小麦

9月中旬に播種を始め、下旬に出芽、その後 10月中旬~11月上旬にかけ雪腐れ防除を行います。
冬の寒さ、雪の重みを利用し(ハードニング)、より強い小麦へと成長させます。
越冬後、4月下旬より起生期を迎えます。この間は除草などの環境整備期間。
5月中旬に幼形期を迎え、各種病害虫防除期間が始まり、7月下旬に収穫します。

秋蒔き小麦 年間スケジュール

9月 播種時期

天候・気温により、播種量・播種時期が異なります。
このタイミングが収穫の結果を左右します。

翌6月〜期間

防除(穂が出始めてからの1週間おきの防除)。粒に悪影響を及ぼす虫害やカビの発生を抑制する効果があります。平均して4回実施しています。

きたほなみ

麦穂アイコン きたほなみ
特長

ホクシンの後継品種。ゆでうどんの色がきれいで評価は「※ASW」に近いです。うどんの食感も「ホクシン」並みに高い評価で道産小麦の良い点を併せ持っています。北海道の秋蒔き小麦の作付け面積の約90%を占めます。

※ASW(オーストラリア・スタンダード・ホワイト)讃岐うどんなどに使用される日本向けの小麦粉。

用途
【パンにすると】

強力粉や超強力粉とブレンドすると、軽さや柔らかさが出て重宝します。焼き上がりのクラスト(皮)はパリッと仕上がります。

【味・食感など】

味は淡白で、パンの他にはケーキやクッキーなどのお菓子にも向いています。

ゆめちから

麦穂アイコン ゆめちから
特長

タンパク質含量が高く、質が強いという特長を持ちます。単独使用のほか、中力粉とブレンドすることで優れた製パン性を示します。外国産小麦にひけをとらない膨らみに仕上がります。

用途
【パンにすると】

「ゆめちから」のパンは老化が遅く、固くなりづらいです。

【味・食感など】

風味は薄く、食感は強い弾力があります。

春蒔き小麦

4月中旬にかけ播種、その後6月下旬が出穂期。
基幹防除を開け8月上旬に収穫期を迎えます。

春蒔き小麦 年間スケジュール

4月 播種時期

天候・気温により、播種量・播種時期が異なります。
このタイミングが収穫の結果を左右します。

秋蒔き小麦とは異なり、茎が軟弱な特長を持っている為、茎をのばさない成長調整剤の投与が必須です(6月頃)。これを怠った場合、倒伏による品質劣化が発生します。

春よ恋

麦穂アイコン 春よ恋
特長

ボリューム感のある食パンを焼きたいという方には、この小麦粉をお勧めします。「はるゆたか」の後継種と謳うだけあり、味や香りも良く、美味しいパンが焼きあがります。

用途
【パンにすると】

タンパク質が多いのでグルテンが強く、吸水性に優れ、 ふっくらとしたボリュームのあるパンに仕上がります。 菓子パンから食パン、ハード系まで幅広く使える小麦です。

【味・食感など】

しっとりして、モチモチとした食感です。

映像

美瑛小麦の映像は、美瑛町在住の写真家・映像作家の
菊地晴夫さんに制作いただきました。

「美瑛小麦物語」

「美瑛小麦そよぐ丘」

「これが美瑛小麦の刈り取りだ!!」

菊地晴夫

写真家・映像作家

1995年 東京から美瑛町に移住、「北西の丘」展望公園前に菊地晴夫写真ギャラリーを開設。2003年 HD-CAMなどのハイビジョンカメラによるビデオ撮影を開始し、現在はスティル撮影の他にドローン空撮や4K、8K映像によるデジタルコンテンツ制作を行っている。NHK 「HOKKAIDO IN FOCUS」〜写真家が見つめる北海道〜に出演、NHK BSハイビジョン特集などをはじめ、様々なメディアに写真や映像提供を行っている。写真展「日本で最も美しい大地ー美瑛 丘のある風景」を、富士フイルムフォトサロン 東京、大阪、札幌、福岡、名古屋で開催。他、地元美瑛町や山形でも開催。2018年には中国・上海で、写真展「美瑛四季」を開催している。